フリットを作る際の注意点~の巻

Pocket

イエ~イ!

次の日更新~~~~~~~♡

というか、昨日の記事の補足です。(すみません)

またまた昨日眠れずに興奮してデザインを考えていたら、フリットに行きついて、

昨日の記事はちょっと親切な説明ではなかったかな~ってな感じなので補足しておきます。

フリットを作る際の注意点は以下のようなものです。

●玉(離型剤が付いているもの)は離型剤まで一緒にフリットにされてしまい、汚くなるということと、玉を余熱台で温めても火に入れたらはじけ飛ぶ恐れがあるので、やめた方が良いかと思われます。

●厚みがあるガラス→これもガラス棒の厚みでさえ、十分に余熱をしないとはじけてしまう物もありますので、おススメしません。

●薄いがサイズの大きいガラス→これは余熱されるのに時間がかかるので、まずは小さくカットしてから十分に余熱してからフリットにした方が良いと思います。

●気泡の入っているガラス→はじけ飛ぶ恐れがあるのでおススメしません。

私の気が付く範囲では以上のような事項でしょうか?

後は皆様のご判断にお任せ致します。

フリットを作るのが面倒臭い~、怖い~と思われる方はkinariより手間ひまかかり、丹精込めて作っておりますフリット・パウダーが一袋126円で販売されてますので、ご利用くださいませ。

本当にこのフリットとパウダーはこの手間でこのお値段???????というくらい安いので、コチラもお勧めですよ!

ご自分で作るもよし、買って楽しむのもよし、混ぜて使ってもよし、フリットを楽しんでみてください!

因みに横浜店のとんぼ玉体験のお花柄は赤系(ソーダ)・ピンク系(鉛)・青系(鉛)・緑系(鉛)・鉛ミックスの5色の中からお好きな色を選んで付けていただけます。下の様にご用意しております。(あら~残り少ないわ~足しておかなくては~)

 

CIMG1373.JPGもしご興味がございましたら、お店まで遊びに来て下さいませ。

それではまた近いうちに更新できるようにお仕事がんばりま~す!!!!!

皆様楽しい週末をお過ごしくださいませ。

Pocket

コメントを残す